吉田輝星「侍監督御前試合」6回2失点

NPB(プロ野球) エンタメ・話題 日ハム 侍ジャパン 東京五輪

日本代表の稲葉篤紀監督が東京五輪の「予行演習」を終えた。

27日、宮崎でのフェニックスリーグで古巣・日本ハムを指揮し、中日を5―3で下した。吉田輝星投手の6回2失点を含めて4投手の継投。26日の西武戦も含めて「中身の濃い2試合だった」と振り返った。

稲葉監督は「思い切って動いてみてどうなのかなというのを試した」。昨秋に制覇したプレミア12以来の実戦で、五輪に加え、22年以降に就任が予想されている古巣でのユニフォーム姿となった。来春のキャンプで代表候補を視察する。

稲葉監督は代表監督に就任した直後の17年、初采配を振るったアジアプロ野球チャンピオンシップの前に、フェニックス・リーグで日本ハムを指揮した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆吉田輝星
背番号 18
カナ ヨシダ・コウセイ
出身校 金足農
誕生日 2001年1月12日
年齢 19
血液型 AB
身長 175
体重 84
所属履歴 金足農(甲)
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 18
ドラフト順位 1
公式戦初出場 19年6月12日広島=札幌ドーム
年俸 1030万円
昨季年俸 1000万円
家族 独身

関連記事