NPBも要注意?韓国プロ野球ケガ続出、一挙10人抹消

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ 怪我・体調不良 KBO(韓国プロ野球)

5月5日の開幕から40日余りの韓国プロ野球(KBO)だが、各チームの主力選手に故障者が続出、15日には計10人が一軍登録を抹消された。

抹消されたのはロッテ・ジャイアンツの主力アン・チホン内野手(29)、斗山ベアーズのオ・ジェイル内野手(33)、LGツインズのキム・ミンソン内野手(31)ら。アンは左太ももを痛め、オはわき腹痛、キムは左足内転筋の損傷でそれぞれ抹消された。

韓国プロ野球は今季、開幕が予定より約一か月遅れたが、当初の予定通り各チーム144試合を消化する計画で、雨天中止時にはダブルヘッダーも行われる過密日程が組まれている。選手個々の故障との因果関係は過密日程によるものとは断定できないが、開幕から一か月余りで故障者が多発している一因になっているとみられる。

日本はおよそ3か月遅れの開幕で120試合を消化する。コロナウイルスの影響で練習を休止した期間もあり、その影響は韓国よりも大きいかもしれない。各選手とも、体調には細心の注意を払う必要がありそうだ。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事