DeNA7点差大逆転も惜敗、ラミ監督「これも野球」

DeNA ヤクルト

◆DeNA8-9ヤクルト◆
DeNAが0-7から8-7へと一度は大逆転しながらも、誤算続きで痛い星を落とした。

一つ目の誤算は先発した進藤。この日はローテーションの谷間で、進藤はオープナーとして「状態が良ければ2イニング投げてくれたら」(ラミレス監督)と先発のマウンドに送り出された。一回は荒れ球ながらも力強い投球で無失点に抑えたが、二回に投手の原を含む3人に二塁打を打たれ2失点。ここで交代かと思いきや、三回も続投すると、二塁打2本と本塁打などで4点を奪われた。

その本塁打も誤算の結果だった。DeNAはその直前、二死三塁から村上を申告敬遠。この時点で二死一、三塁となり、中村の次は投手の原だったが、ラミレス監督は中村との勝負を選択し、中村に3ランを浴びてしまった。

さらに延長十回の守備だ。先頭打者・西浦の打球は二塁後方にフラフラと上がったフライだったが、これを中堅乙坂と二塁柴田がお見合いして二塁打に。このランナーが決勝のホームを踏むことになった。

前日に連敗をストップし、この日も大逆転勝ちならばチームに勢いがついたところだったのだが…ラミレス監督は「逆転して勢いがついたのだけど、その勢いがまたヤクルトに行ってしまった」とボヤキつつ、「これも野球の一つ」とこのところおなじみとなったフレーズで試合を総括した。

関連記事