DeNA6度目0封負けで自力V消滅…九回無死三塁も「あと一本が」三浦監督

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA ヤクルト

◆ヤクルト1-0DeNA◆
DeNAが今季6度目の0封負けを喫し、自力優勝の可能性が再び消滅した。

先発・浜口が7回3安打1失点と好投、2番手エスコバーも1回無安打無失点と投手陣は踏ん張ったが、打線がヤクルト先発・小川に八回までわずか3安打。九回には桑原の二塁打から無死三塁の同点機を迎えたが、前日決勝打を放った大和の代打・関根、三番佐野、四番オースティンが凡退してゲームセット。

三浦監督は「両コーナー、低めに丁寧に投げられて、なかなか攻略できなかった」と小川の投球に脱帽。九回の攻撃については「あと一本が出なかったけど、粘れていた。いろんな作戦は頭にあるけど、関根、佐野、オースティンに任せたところ。向こうのバッテリーにうまく攻められた」と説明した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事