DeNA1-9から懲罰交代、リクエストに申告敬遠 ラミレス監督「ベスト尽くした」

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 中日 コラム・読み物

◆DeNA7-9中日◆
DeNAが1-9から追い上げたが及ばず、4連敗。中日と入れ替わり4位に転落した。

先発・浜口が初回、二死から3連打や四球、木下の2点タイムリーで3失点。さらに二回も一死から京田のバント安打と四球の後、ビシエドと高橋に連続タイムリー。1-6となり砂田にリリーフしたが、二死後に木下に3ランを浴びて1-9となった。

試合を諦めないラミレス監督は激しく動いた。まずはその裏、二死から倉本が安打で出ると、捕手・高城に代打・戸柱を起用。遊ゴロに倒れたが、これは二回までに9失点したことに伴う「懲罰交代」だろう。

続いて四回は一死二塁から高橋を申告敬遠。遊直併殺で切り抜けると、さらに五回。二死一塁から蝦名の遊ゴロで、一走・戸柱の二塁封殺にリクエスト。これは覆らず、不発に終わった。

ソトの2ランなどで6点を返したこともあり、指揮官は前向き。試合後は「ベストを尽くした。仕方ない」「連敗の後は必ず連勝が来る。明日は必ず勝つ」といつものセリフ。最短でのAクラス復帰を誓った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事