DeNA自力V早くも消滅「問題あるが戦っていくしか」三浦監督

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 広島

◆広島9-2DeNA◆
DeNAが広島に大敗し、早くも今季の自力優勝が消滅した。

この日は守備の乱れから自滅した。二回、先頭西川の打球を処理した一塁・ソトがカバーのロメロに悪送球。続く安倍の打球は二塁・牧がセカンドに悪送球して無死二、三塁のピンチを作り、小園、羽月に適時打を浴びて3失点。

試合開始前まで20イニング連続無得点だった広島打線を目覚めさせ、気落ちしたロメロは四回にも松山に2点適時打を浴びて降板した。

終盤には三上と伊勢が捕まって計4失点。打線は三回に大和の適時打などで2点を返すのがやっとだった。

セ・リーグで5月に自力優勝の可能性が消滅したのは08年の横浜以来、13年ぶり。42試合目での消滅は08年の46試合目よりも4試合早い。

三浦監督は試合後「数字上の問題はあるが、目の前の試合をみんなで戦っていくしかない。一戦一戦戦っていくだけ」と語った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事