DeNA緊急登板の笠井が勝利呼ぶ、ラミレス監督「緊急事態でいって…」

DeNA 広島

◆広島4-6DeNA◆
DeNAは先発・浜口が二回途中、股関節の違和感で途中降板したが、緊急登板の笠井が好投、広島に逆転勝ちを収めた。

二回、浜口が二死から連続四球で降板した後を受けて登板。西川に適時打を許したが、後続を断った。三回にも1点を失ったが、尻上がりに調子を上げ、その後は六回まで無失点で投げ切った。

「毎試合、初回から準備している」という笠井は育成出身の3年目。「勝ち試合で投げるのはほぼ初めてくらいなので、凄くうれしい」と笑顔を見せた。

ラミレス監督は「非常に大きかった。緊急事態でいってあれだけの回を投げるのは簡単ではない」と、笠井の好投を勝因に挙げた。

関連記事