DeNA番長「代打」取り消し…坂本負傷に0封負け

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA ヤクルト

◆DeNA0-4ヤクルト◆
DeNAが今季6度目の0封負けで、今季初の3連勝はならなかった。

先発・坂本が二回に村上の打球を受け負傷降板。三浦監督は「左肩にボールが直撃してトレーナーに見てもらってるので、詳しい情報は入ってないですけど、まだ治療中です。予想外の展開で当たり所もちょっと心配ですね」と状態を明かした。

無得点に終わった打線については「たらればになってしまいますが、あと一本出ていれば展開も変わってきたと思いますけど、うまく抑えられました」と初回の二死一、三塁、三回の一死一、二塁、六回の無死一、二塁の好機を逃した事を悔やんだ。

この日は五回の攻撃で、九番・石田の代打に乙坂を準備させていたが、先頭打者の嶺井のところで球審に代打を告げ、乙坂の制止にあって慌てて取り消す場面もあった。ゲームに集中できないほど気になっていたのは坂本の負傷か、それともチーム状態か。現役時代の投球同様、キレのある采配を見せてほしい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事