DeNA山崎、九回ピンチに無失点 ラミレス監督「すごくいい仕事」

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA ヤクルト

◆DeNA5-5ヤクルト◆
DeNAの守護神に“留任”した山崎康が同点の九回に登板、一死満塁のピンチを背負ったが、無失点で乗り切った。

先頭の山崎に中前打を許し、坂口のバントは二塁封殺となったが、一走・山崎と交錯した大和から一塁への送球が大きくそれて一死二塁に。ラミレス監督のリクエストも失敗に終わり、続く山田哲と青木に死球を与え一死満塁に。ここでラミレス監督が自らマウンドに行き、「山崎を落ち着かせた」(ラミレス監督)。その効果か、次の村上をフルカウントから直球で空振り三振に打ち取り、荒木も遊ゴロで切り抜けた。

試合後、ラミレス監督は「九回の場面では負けても仕方なかったが、非常に頑張ってくれた。(九回にマウンドに行った後は)すごくいい仕事をしてくれた」と、山崎を労った。

山崎は7月19日の巨人戦で1点差を追いつかれた場面で国吉と交代させられ、試合後にラミレス監督が配置転換を示唆。21日に両者が話し合って引き続き抑えを務めることで決着していた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山崎康晃
背番号 19
カナ ヤマサキ・ヤスアキ
出身校 亜大
誕生日 1992年10月2日
年齢 27
血液型 O
身長 179
体重 88
所属履歴 帝京(甲)―亜大
キャリア 6年
投打 右右
ドラフト年度 14
ドラフト順位 1
公式戦初出場 15年3月28日巨人=東京ドーム
年俸 3億5000万円
昨季年俸 2億5000万円
タイトル (セ)18、19(新)15
家族 独身

関連記事