DeNA大和、自打球で負傷交代 ラミレス監督「治療後にどうなるか」

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ 怪我・体調不良

◆ヤクルト3-8DeNA◆
DeNA・大和が自打球を当て負傷交代した。

「八番・二塁」でスタメン出場したが、四回一死一、三塁でヤクルト・石川の内角に来た130キロカットボールを打った打球が左ひざを直撃。その場に倒れ、コーチとトレーナーに抱えられてベンチに下がった。この打席はレフトに犠飛を放ったものの、一塁へまともに走ることができず、次の守備で柴田と交代した。

ラミレス監督は試合後、「あそこで痛みを我慢して、犠牲フライを打った。素晴らしい仕事をしてくれた」と讃えつつも「今はトレーナーの治療を受けている。その後、どうなるか。明日どうするか考える」と、翌日以降に響く可能性を示唆した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆大和
背番号 9
カナ マエダ・ヤマト
出身校 樟南
誕生日 1987年11月5日
年齢 32
血液型 A
身長 177
体重 72
所属履歴 樟南(甲)―阪神
キャリア 15年
投打 右右
ドラフト年度 05
ドラフト順位 4(高)
公式戦初出場 09年4月15日中日=甲子園
年俸 1億円
昨季年俸 1億円
タイトル (ゴ)14
家族 既婚

関連記事