DeNA伊藤光「半沢直樹最高でした」“出向”を“降格”に重ねる?

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 DeNA 怪我・体調不良

DeNA伊藤光が人気ドラマ「半沢直樹」に刺激を受けた。28日、インスタグラムに投稿した。

27日放送の最終回で、上戸彩が演じる半沢の妻・花のセリフが話題になっている。

半沢から「出向どころではないかも知れない」などと異動に関する電話を受けた際に、「必死で尽くしてきた銀行に、お前なんかいらないと言われたら、こっちから辞表をたたきつけてやんなさいよ」「仕事なんかなくなったって生きていれば何とかなる。生きていればね」などと述べた。

女優の竹内結子が亡くなったこともあり、ツイッターでは「花ちゃん」「はなちゃん」がトレンド入りした。

伊藤は7月19日、出場選手登録を抹消された。18日の巨人戦にスタメン出場したが、エース今永が二回に3失点。ラミレス監督は三回の守備から戸柱と交代させた。試合後はリードへの不満を表明した。

その後、28日のイースタン・リーグ楽天戦に「六番・捕手」でスタメン出場したが、二回の第1打席で内野ゴロで併殺に倒れた際に走塁で左足を痛めて交代した。二軍では出場2試合目だった。

古巣オリックスにもラミレス監督にもリードを見切られた。横浜でなく横須賀を拠点とする二軍に「出向」どころでなく、降格して負傷。どちらかというと持ち味とされる打撃も、二軍で22打数3安打とサッパリだ。

伊藤は昨オフ、FA権を行使せずに4年総額4億5000万円プラス出来高という大型契約を結んでDeNAに残留。「4年間上手くなれるチャンスを頂いたので、もっとチームの勝利に貢献できる選手になるために一生懸命頑張りたいと思います!」とインスタで宣言していた。

オフにはラミレス監督が更迭され、三浦大輔二軍監督へ交代するとの見方が強まっているが、二軍でも伊藤はふるわない。DeNAは2位阪神と1ゲーム差。 DeNAの順位次第ではラミレス監督が続投する可能性も出てくる。

必死で尽くしてきたDeNAに必要とされているか怪しい今、伊藤は「野球なんてなくなったって、生きていれば…」と思っているのだろうか。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

◆伊藤光
背番号 29
カナ イトウ・ヒカル
出身校 明徳義塾
誕生日 1989年4月23日
年齢 31
血液型 B
身長 180
体重 83
所属履歴 明徳義塾―オリックス
キャリア 13年
投打 右右
ドラフト年度 07
ドラフト順位 3(高)
公式戦初出場 08年9月13日日本ハム=札幌ドーム
年俸 1億1000万円
昨季年俸 5500万円
タイトル (ベ)14(ゴ)14
家族 既婚

関連記事