DeNA・山崎がまた被弾、7月MVPの右腕にも疲れ?

DeNA 広島

◆DeNA8-3広島◆
DeNAの守護神・山崎が7点リードの九回に“調整”で登板したが、西川に2ランを被弾した。

山崎は12日のヤクルト戦で3点を失ってサヨナラ負けを喫した後、中3日空いていることから、大量リードの九回に登板した。

しかし、先頭の三好に安打を許すと、一死から西川に150キロの直球をライトスタンドに運ばれた。

12日はバレンティン、村上に被弾、この日は西川に被弾で今シーズンの被本塁打は5本と昨季に並んでしまった。

7月には1勝7セーブ、防御率0.75でチームの躍進を支え、月間MVPも受賞した。だが、主力選手に離脱が相次ぎ、ここにきてチームは失速気味。山崎自身もチームも、ここからが勝負所だ。

関連記事