DeNA・宮崎が抹消「プレーに支障」、ドラ2伊藤が初昇格

DeNA

DeNA・宮崎敏郎が8日、出場選手登録を抹消された。

宮崎は、7日の広島戦でファウルした際に左手を痛め、代打を送られていた。

宮崎はここまで全試合(103試合)に出場、打率.279、13本塁打、44打点。ラミレス監督は8日、宮崎の状態について「プレーに支障がある」と説明した。

代わってドラフト2位ルーキーの伊藤裕季也が初めて1軍に登録された。

伊藤はイースタンリーグ82試合に出場し、打率.231に11本塁打、38打点。

関連記事