DeNAドラ1上茶谷がプロ初勝利

DeNA ヤクルト

◆ヤクルト6-11DeNA◆
DeNAのドラフト1位ルーキー・上茶谷大河が、18日のヤクルト戦でプロ初勝利を挙げた。

この日がプロ7度目の先発となった上茶谷は、変化球主体の投球で三回までヤクルト打線を無安打に抑えた。四回に村上に3ランを打たれた後も、六回途中までを3安打3失点でまとめた。

試合後のヒーローインタビューでは「すごくうれしい気持ちです。少し粘り強さがなかったなあと思いますけど、野手の皆さんに援護をいただいたので、しっかり投げることができました」と初々しく、素直に喜びを表現した。

昨秋のドラフトでは東洋大の「150キロトリオ」として注目され、開幕時には新人王の有力候補に推されていた上茶谷。セットアッパーとして活躍するソフトバンクの甲斐野や定位置を確保しつつあるオリックス中川ら、大学の同期に負けない活躍が期待される。

関連記事