DeNAが申告敬遠で流れ失い大敗、ラミレス監督「近本はそろそろ出るのではと…」

阪神 DeNA

◆阪神8-0DeNA◆
DeNAは五回の満塁策が裏目に出て流れを失い阪神に大敗した。

0-0で迎えた五回裏、先発・浜口が糸原に四球、中谷に二塁打を許し、無死二、三塁のピンチを背負った。ここから梅野、青柳を二人連続でスクイズを失敗させて打ち取り、二死二、三塁。流れを引き寄せたかに見えたが、ここでラミレス監督が近本の申告敬遠を指示して満塁に。続く木浪に痛恨の押し出し四球で先制点を献上すると、気落ちしたのか次の福留に走者一掃の3点適時二塁打を浴びて降板した。

その後の救援陣も赤間が糸原に、笠井がマルテ、梅野に一発を浴び、流れは戻ってこなかった。

ラミレス監督は「近本はうちの左投手から5割以上打っていて一時期は8割を超えていた。2打席出ていなかったがそろそろ出るのではと。近本に打たれて2点以上取られるよりは(押し出しの)リスクをおかして歩かせた方がいいと思った」と申告敬遠の狙いを説明したが、次の福留に打たれることまでは計算になかったようだ。指揮官は「あの押し出しで試合の流れが決まってしまって阪神が勝った。ターニングポイントだった」と悔やんだ。

関連記事