DeNAがマグロ皿1100食を寄付、開幕延期で食材余る

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 DeNA

DeNAと横浜スタジアムが16日、球団オリジナルフード「ベイマグロ皿」約1100食分を社会福祉法人「横浜市社会福祉協議会」とNPO法人フードバンク横浜に寄付した。

「ベイマグロ皿」はスタジアムでは2人前1000円。神奈川県三浦市三崎の地魚鮪専門料理の老舗「くろば亭」監修で昨季デビューした人気メニューだ。1100食分で55万円相当になる。

この食材を3月20日に予定されていた開幕に向け準備していたが、新型コロナウイルスのために開幕が延期となり、食材が宙に浮いてしまった。廃棄ロスを防ぐと同時に、コロナ禍で食糧支援が必要な人が増えているという社会的課題への貢献につなげようと寄付を決定した。

横浜市社会福祉協議会には100食、フードバンク横浜には1000食が寄付された。福祉協議会では食事に困っている相談者、フードバンクは横浜市の支援先にそれぞれ配布する予定だという。

DeNAの岡村社長は「プロ野球の開幕は延期となってしまいましたが、スタッフが心を込めて準備した食材をムダにすることなく、有効に活用していただく機会をいただき、大変嬉しく感じています」とコメントしている。

スタジアムフードでは、楽天も11日から選手プロデュース弁当の宅配サービスを開始している。開幕の見通しが立たない状況の中、他球場でも賞味期限を迎えてしまう食材の行き場が課題になっていそうだ。

文/BBNEWS編集部 写真/球団HPより

関連記事