原監督「怖れるっていうのはまずない」満塁策から4失点

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト

◆ヤクルト5-0巨人◆(CS最終ステージ)
巨人は1点ビハインドの六回、満塁策から致命傷となる4点を失った。

二死二、三塁で西浦を迎え、原監督は菅野に申告敬遠を指示。満塁として、次の投手・高橋への代打・川端に押し出し四球。さらに塩見に3点二塁打を打たれて勝負は決まった。

原監督は川端を迎えて、指揮官はマウンドへ足を運んでいた。試合後、この場面を振り返った。
「流れが我が軍になかなか来ないというところで、ここはこっちが(申告敬遠で)動くからと」
「動いて、そして相手を動かして。やっぱり気持ち良く向こうのペース、野球をさせない」
「しかし四球を出してしまった。こっちが動いて相手を動かして好転させたいというのがありましたね」

また、「代打・川端」を想定していたかと問われ、「もちろん、もちろん」。

その上で、菅野であれば抑えられると考えていたようだ。
「それは。でも智之だから、その部分っていうのは、そこで怖れるっていうのはまずないことでね」

動いたのが裏目に出てしまった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事