阪神スタメン早くも9通り、日替わり打線の効果は?

阪神 DeNA

◆阪神2-5DeNA◆
またオーダーを変更した阪神がDeNAに連敗を喫し、甲子園開幕カードを負け越しで終えた。

この日はショートに鳥谷を起用して1番に、一塁にはナバーロが戻って7番に入り、4番大山は一塁から三塁に変更。開幕12試合目にして実に9通り目のオーダーだ。

だが、鳥谷が5の0、ナバーロが4の1と、指揮官の采配は空振りに終わった。逆に、4試合連続でスタメンから外れた近本が代打本塁打。これまでオーダーを変更して臨んだ試合の結果も3勝5敗と、どうもちぐはぐに見えるが、矢野監督は試合後「なかなか現状うまくいってないんでね。その中でもどうやって行くかをしっかり考えて頑張っていきたい」と語った。阪神のスタメンはこの先も様々なバリエーションが見られそうだ。

関連記事