“抑え捕手”武山で中日が逃げ切り、サヨナラ負けの悪夢払拭

中日 ロッテ

◆ロッテ4-5中日◆
同じ轍は踏まない。前日、九回に5点差をサヨナラ逆転負けした中日が「抑え捕手」武山を投入。前日は加藤が有効に使えなかった落ちる球を効果的に使い、1点差の八、九回を守り切り、サヨナラ負けの悪夢を払拭した。

八回はロドリゲス。前日にサヨナラ打を浴びた鈴木を打ち取り、井上には安打を浴びたが、レアードは落ちる球で中飛に。中村には四球を与えたが、清田は自慢の速球で三振にしとめた。

九回は前日の負け投手となったマルティネス。岡に二塁打を浴び、武山の犠打野選で一、三塁となり、サヨナラのランナーを出したが、荻野は三振。藤岡はフォークで遊ゴロ。鈴木はファウルで粘られたが、7、8球目にフォークを続けて空振り三振を奪った。

与田監督は「加藤もだめじゃないが、これまでのゲーム展開で(武山に)雰囲気を感じながら、雰囲気を変えて欲しかった。いろんなトライをするのが僕のテーマ。新しいことにトライしていい形になってくれれば。ベンチから見ていて加藤も学ぶことはあったと思う」。

前日の屈辱的な逆転負けから生まれた抑え捕手・武山が反転攻勢の新たな一手となるか。

関連記事