新打線機能の広島が4回目の借金完済!今度こそ…

DeNA 広島

◆広島4-0DeNA◆
打線組み替えが当たった広島が快勝し、勝率を5割に戻した。

この日は不調の野間をスタメンから外し、「一番・中堅」で西川を起用。「五番・左翼」には10試合ぶりスタメンとなる松山を置いた。すると初回、二死一、二塁から松山が右前に適時打で先制した。そして、二回には一死一、二塁から西川が左前打で2点目を奪った。

七回にはスタメンから外れ、途中出場した野間の三塁打、西川の四球でチャンスを作り、菊池の適時二塁打、バティスタの犠飛で2点を追加。守ってはジョンソン‐一岡-フランスア-中崎がDeNA打線をゼロ封して完勝した。

緒方監督は「初回から点は取れたんでね。いい形でゲームをできた」と新打線に手応えを感じた様子。4月27日に8連勝で5割に復帰して以降、借金を“完済”するたびに負けて借金生活に戻るパターンを3回繰り返している広島だが、今度こそ開幕戦に勝って以来の貯金ができるか。

関連記事