4連覇のソフト・工藤監督「甲斐のリード素晴らしかった」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ソフトバンク

◆ソフトバンク4-1巨人◆(日本シリーズ)
巨人に4連勝で4年連続日本一を決めたソフトバンク・工藤監督は、優勝監督インタビューで「正直、ホッとしています」と安どの笑みを浮かべ、巨人打線を抑え込んだ投手陣と甲斐を労った。

【優勝監督インタビュー】
――日本シリーズを4連勝で制した
「正直、ホッとしてます。それと同時にもう嬉しくて嬉しくて、地元福岡でこうして日本一になることができて、最高です」

――柳田、甲斐が本塁打
「このシリーズで初めて先制されたんですけど、柳田君がすぐにホームランを打ってくれて、あれで一気にベンチの雰囲気も変わりましたし、選手の勢いも変わりましたし、これで行けるんじゃないかなという雰囲気にさせてくれました。ナイスホームランだったと思います」

――シリーズを通して投手陣、甲斐選手が巨人打線を抑えた
「本当ね、甲斐のリードは素晴らしかったなと思います。そして、ピッチャー陣も良く甲斐君のリードにしっかり応えてくれて、シーズン以上のピッチングをしてくれたと思いますんで、本当にみんなよく頑張ってくれたと思います」

――4年連続日本一は巨人のV9以来、パ・リーグでは史上初
「昨年日本一になって4連覇が目標になりました。その目標に対して選手たちも、本当に今年は苦しいシーズンの中での始まりでしたけど、そういう中でも一生懸命プレーをしてくれ、そして勝ってくれ、そしてリーグ優勝してくれたことでまた大きな目標に向かって、4連覇という目標が現実味を増してきた中で、この日本シリーズ、こんな素晴らしい戦いをしてくれた選手に感謝です」

――野球ファンに一言
「本当に今年、多くの方の支援がなくては、我々は開幕する事すらできなかったという風に思いますそれに関して言えば医療従事者の皆様、そしてNPBの皆様、球団の皆様、そしてファンの皆様が我々に元気を与えてくれ、勇気を与えてくれたことが何よりもこの勝利につながったという風に思います。ファンの皆様とともにこうして日本一になれた喜びを一緒に味わうことができ、僕は本当に幸せです。一年間応援ありがとうございました」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事