3失策が致命傷に…ソフトバンクが2年連続V逸

ソフトバンク 楽天

◆楽天4-2ソフトバンク◆
痛恨のエラーとなった。

ペナント奪回に向けて負けられない試合、1点リードで迎えた六回、先頭打者ブラッシュの遊ゴロを今宮が捕り損ねた。その走者を一塁に置いて、二死後、先発の千賀がウィーラーに逆転2ランを許した。

その瞬間、今宮は天を仰ぎ、ベンチでは工藤監督が大きなため息をついた。

七回裏にも松田宣のエラーで1点を追加されるなど、この日は3失策。堅い守りで勝ちを重ねてきたソフトバンクだが、「負ければV逸」というプレッシャーの中、自分たちの野球ができなかった。

関連記事