2020新戦力のオープン戦成績は?⑩中日

NPB(プロ野球) スポーツ 中日

15日に終了したオープン戦では、ルーキーや新助っ人、移籍選手など、多くの新戦力が登場した。各チームの新加入選手たちは「戦力」となるのか、その成績を見ていきたい。

中日の新戦力は少数精鋭だった。

【投手】
新・橋本侑樹 3試合 4回 防御率0.00
新・岡野祐一郎 2試合 6回 防御率0.00
移・ゴンサレス 5試合 5回 防御率0.00
移・ロドリゲス 2試合 2回 防御率4.50

【野手】
新・郡司裕也 10試合 .357 0本 0打点
移・シエラ 5試合 .250 0本 1打点

投手ではドラフト3位岡野が先発ローテーション入りに名乗りを上げる投球を見せた。18日の二軍練習試合広島戦でも七回途中まで2失点と好投している。ドラ2橋本はキャンプでマメを作って出遅れたが、3試合に登板して安定した投球を見せた。新助っ人のゴンサレスは練習試合も含め6試合無失点。メジャーに復帰したロドリゲスの穴を十分に埋めるセットアッパーになりそうだ。

野手ではドラフト4位の郡司がバットで強烈にアピール。開幕一軍どころか開幕マスクも伺う勢いだ。開幕の延期で出来た時間で、課題の守りをどれだけ向上させることができるか。

ドラフト1位石川昂弥はオープン戦での出場は無かったものの、17、18日の広島との二軍練習試合ではジョンソン、フランスアという「エース級」から安打を放ち、評価はうなぎのぼり。「開幕一軍」も現実味を帯びてきた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事