2020新戦力のオープン戦成績は?④DeNA

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ DeNA

15日に終了したオープン戦では、ルーキーや新助っ人、移籍選手など、多くの新戦力が登場した。各チームの新加入選手たちは「戦力」となるのか、その成績を見ていきたい。

DeNAは新戦力が躍動した。

【投手】
新・伊勢大夢 2試合 2回 防御率0.00
新・坂本裕哉 2試合 7回 防御率3.86
移・ピープルズ 2試合 8回 防御率3.38

【野手】
移・高城俊人 2試合 .333 0本 1打点
移・オースティン 12試合 .343 4本 7打点
移・デラロサ 1試合 .000 0本 0打点

投手ではドラフト2位ルーキー坂本が2試合目に4回無失点と好投。ローテ入りも見えてきた。ドラ3伊勢も合同自主トレ前の交通事故で出遅れたが、2試合に登板を果たし150キロ超の速球を披露して無失点。リリーフとして計算できそうだ。新助っ人のピープルズもオープン戦最終戦で5回無失点。適応力を見せており、外国人枠争いに加わった。

野手では新助っ人オースティンがオープン戦本塁打王となった。41打席で10三振と、試合を重ねるごとに三振が増えて来たのは気がかりだが、パワーは別格だ。「出戻り」の高城も少ない出場機会ながらアピールに成功した。

ドラフト1位森敬斗は2月19日のロッテとの練習試合で一軍デビュー、初安打も放ったがオープン戦での出番はなかった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆関連記事

関連記事