2020新戦力のオープン戦成績は?③ソフトバンク

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク

15日に終了したオープン戦では、ルーキーや新助っ人、移籍選手など、多くの新戦力が登場した。各チームの新加入選手たちは「戦力」となるのか、その成績を見ていきたい。

日本一・ソフトバンクはどうか。

【投手】
新・津森宥紀 6試合 6回 防御率0.00
移・ムーア 3試合 8回2/3 防御率0.00

【野手】
新・佐藤直樹 11試合 .368 0本 4打点
新・柳町達 9試合 .231 0本 1打点
移・バレンティン 10試合 .350 2本 10打点

投手では新助っ人のムーアは圧巻の投球を重ねた。順調であればローテーションの軸になりうるだろう。ドラフト2位ルーキー津森も6試合で無失点。甲斐野が離脱した救援陣には頼もしい存在だ。

野手ではヤクルトから移籍のバレンティンはさすがの成績。シーズンに入ってからの起用法はまだ未確定だが、今季も相応の成績は残しそうだ。ドラ1ルーキーの佐藤も積極的に使われ、高打率に加え5盗塁と持ち味を発揮した。福田秀平が抜けたソフトバンク外野陣だが、穴を埋めてくれそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事