2020リクエスト成功率ランキング

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 DeNA 中日 日ハム ヤクルト 楽天 特集企画・連載

2020年のレギュラーシーズンでは、計500回のリクエストが行われた。前年の561回からは減少したが、コロナ禍による試合減のため。1試合平均では0.694回と前年(0.654回)よりも若干増えた。


成功率が最も高かったのは楽天の三木監督。50回のリクエストで22回成功した。これに続くのがDeNAラミレス監督で、50回中20回が成功。残念ながら2人とも、今季限りで退任となったが、プレーに対する「眼力」はなかなかだった。

3位は日本ハム・栗山監督。リクエスト回数は最多の54回だが、成功率も高かった。4位は巨人・原監督。こちらは31回中12回成功と「無駄撃ち」が少なかった。

監督 成功 失敗 成功率
三木監督(楽) 22 28 .440
ラミレス監督(De) 20 30 .400
栗山監督(日) 21 33 .389
原監督(巨) 12 19 .387
井口監督(ロ) 16 27 .372
佐々岡監督(広) 15 26 .366
辻監督(西) 14 31 .311
工藤監督(ソ) 22 .267
高津監督(ヤ) 10 31 .244
矢野監督(神) 10 32 .238
中嶋監督代行(オ) 14 .222
与田監督(中) 28 .200
西村監督(オ) 16 .200

 

平均の成功率は.326。ヤクルトの高津監督や阪神・矢野監督らは、選手からアピールがあればほぼ受け入れてリクエストしていたが、成功率は平均よりもかなり低い。リクエストすれば検証のために数分間を消費する事を考えれば、もう少し見極めをしてもらいたいところだ。

成功率が最も低かったのは中日・与田監督とシーズン半ばで辞任したオリックス・西村監督。与田監督は昨季に引き続きリクエスト数が少なく、成功率も低かった。

▼2019年
2019リクエスト成功率ランキング

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事