20歳右腕の好投でNCが2勝2敗に戻す【韓国シリーズ】

ニュース スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)の今年のチャンピオンを決める「韓国シリーズ」の第4戦は、NCダイノスが斗山ベアーズを3-0で下し、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。

NCは先発の高卒2年目右腕ソン・ミョンギ(20)が5回2安打無失点と好投。七回途中からはエース格のルチンスキーを投入する必勝リレーで斗山打線を3安打無得点に抑えた。打線は六回、斗山の2番手イ・ヨンハから四番ヤン・ウィジと五番カン・ジンソンが連続適時打で2点を先制。九回にチ・ソクフンの適時二塁打で1点を追加した。

斗山は先発の高卒3年目キム・ミンギュが五回まで3安打無失点と好投したが、継投が裏目に出た。


第5戦は23日に行われる。

文/BBNEWS編集部 写真/instagram、KBO公式HPより

関連記事