1600万円・早川が7勝…9億・田中将、8億・菅野は2勝

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 広島 楽天 年俸・コスパ

◆広島4-6楽天◆
楽天のドラフト1位・早川隆久(早大)が六回途中7安打2失点ながら、両リーグ単独トップとなる7勝目(2敗)を挙げた。ルーキーなので、推定年俸は上限の1600万円だが、ここまで1勝あたり230万円である。オリックスの2年目左腕・宮城は年俸870万円ながら5勝を挙げており、1勝あたり174万円だ。


楽天の先発投手では、1億6000万円の涌井が6勝(3敗)。3億円の則本が5勝(2敗)で、1300万円の滝中が4勝(2敗)。2億5000万円の岸が2勝(4敗)。球界最高年俸となる9億円の田中将も2勝(3敗)を挙げている。田中将は1勝あたり4.5億円。

セ・リーグ最高給取りの巨人・菅野は年俸8億円で、今季は2勝(3敗)。1勝あたり4億円だ。ここから勝ち星を積み重ね、コスパを改善したい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆早川隆久
背番号 21
カナ ハヤカワ・タカヒサ
出身校 早大
誕生日 1998年7月6日
年齢 22
血液型 B
身長 180
体重 76
所属履歴 木更津総合(甲)―早大
キャリア 1年
投打 左左
ドラフト年度 20
ドラフト順位 1
年俸 1600万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事