144キロ直球がヘルメット割る 台湾プロ野球動画

ニュース スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

台湾プロ野球(CPBL)で頭部直撃の死球でヘルメットが割れるという“あわや”のプレーがあった。

29日の統一ライオンズ-楽天モンキーズ戦。八回表の楽天の攻撃で、代わったばかりの黄竣彦投手の144キロ直球が、楽天の四番・林泓育の頭を直撃した。

映像では分からないが、この死球で林のヘルメットは亀裂が入ったといい、林は代走が送られて病院に直行した。ただ、大きな異常はなく、林は30日の試合で元気な姿を見せ、「今のところ特に問題はない。でも、あの死球はヘルメットを破壊したからね。耳あてのあるヘルメットで良かったよ。そうじゃなければ危なかった」と語った。

30日は林は4打数1安打で1打点。チームは11-6で統一に連勝した。

CPBL後期、30日終了時点の順位は以下の通り。

1位 統一 14勝11敗1分
2位 富邦 13勝11敗 0.5
3位 楽天 12勝14敗 2.5
4位 中信 11勝14敗1分 3.0

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLTVより

関連記事