13三振に走塁ミス…完敗の原監督「選手たちはもがきながら…」

巨人 ソフトバンク

◆巨人2-6ソフトバンク◆
巨人がソフトバンクの5投手に日本シリーズタイ記録となる13三振を喫し、亀井のソロ本塁打2本による2点に抑えられて完敗した。

二番・坂本の3三振を筆頭に、田中俊太を除く先発野手7人が三振を喫した。代打で出場した重信、若林も三振を喫し、本塁打以外では得点の匂いがしないまま。

九回には先頭の阿部が安打で出塁したが、代走の増田大が一死一塁から森の暴投で一気に三塁を狙い憤死。反撃ムードが潰えた。

原監督は試合後「なかなかジャイアンツらしさというかジャイアンツの良さが出きってないですね」と首を傾げつつ、「明日から出すようにすることが大事だと思いますね。本人たちは懸命に違った環境の中で、もがきながらプレーしているわけで、そこのスタイルは明日以降も変えることはないでしょう」と、四連敗阻止に選手の奮起を促した。

関連記事