12球団「年俸総額」比較 ソフトバンクを倒す球団はあるのか?

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス 中日 日ハム ロッテ 広島 ヤクルト 楽天 年俸・コスパ 年俸

開幕延期となったプロ野球。オープン戦同様の無観客試合ができない主な理由は人件費の高騰だ。今季の各球団の選手年俸総額を紹介しよう。

【年俸総額】
1位 ソフトバンク 68億7310万円
2位 巨人 44億2465万円
3位 楽天 35億7280万円
4位 阪神 32億5010万円
5位 広島 31億2540万円
6位 DeNA 31億0270万円
7位 オリックス 29億2410万円
8位 日本ハム 29億0310万円
9位 西武 28億7580万円
10位 ヤクルト 26億8035万円
11位 中日 25億6153万円
12位 ロッテ 25億5040万円

12球団平均 34億0367万円

各球団はこのほかに監督・コーチや球団スタッフの人件費を支払い、球場や選手寮、練習場などの施設にも莫大な金額を支出している。通常であれば1試合1億円前後と言われる売上高の柱である入場料・物販収入がゼロになる無観客試合は可能な限り避けたいのも道理だ。

それにしてもソフトバンクは圧倒的な人件費。昨季の日本シリーズを戦った巨人と比べても1.5倍強。パ・リーグ2位の楽天との差はおよそ1.9倍だ。サファテの3年20億円、柳田悠岐の年俸5.7億円ベースの7年契約、森唯斗の年俸4.6億円の4年契約などの大型契約に加え、控え選手の明石健志に1億円を払うなど手厚い。

3位の楽天は5億円の浅村栄斗、3億円の岸孝之、則本昂大らが押し上げている。

三軍制を敷くソフトバンクは選手が多いという面はあるが、平均年俸を見てもやはり圧倒的。

【一人当たり平均年俸】
1位 ソフトバンク 7637万円②
2位 巨人 4862万円①
3位 阪神 4392万円③
4位 DeNA 4309万円②
5位 楽天 4305万円③
6位 広島 4281万円④
7位 西武 3994万円①
8位 日本ハム 3977万円⑤
9位 ヤクルト 3829万円⑥
10位 オリックス 3610万円⑥
11位 中日 3370万円⑤
12位 ロッテ 3312万円④

右に記した丸数字は昨季の各リーグでの順位。平均年俸と比べると、西武、ロッテの健闘が光る。

圧倒的な資金力を誇るソフトバンクが4年連続日本一を達成するのか、他球団が“下剋上”を果たすのか。こんな視点も楽しみ方の一つだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事