1イニング5四球7失点・・・DeNA逆転負けで借金10

巨人 DeNA

◆DeNA5-8巨人◆
「四球禍」でDeNAが自滅し、5連敗で借金は今季ワーストの10となった。

球界のエース・菅野から5点を奪い、先発・大貫は6回1失点。4点リードで勝ちパターンの継投に入った七回だった。

三嶋が一死から田中、二死から山本に四球を与えると坂本に適時打を浴び、続く丸に四球で満塁として3与四球で降板。さらに3番手の国吉が酷かった。岡本に押し出し四球で2点差となり、亀井に逆転打となる走者一掃の二塁打を浴び、阿部にも四球を与えて0/3回で1安打2四球の大乱調だ。石田も重信に三塁打を浴び、七回だけで7失点となった。

ラミレス監督は「そこ(七回)に尽きる。二死からもう一死取れなかったか。負けたものはどうしようもない。今日の敗戦から学んで次に活かせれば」と話したが、顔には生気がなかった。最下位に沈むのも致し方ないとしか思えぬ一敗だ。

関連記事