原監督が20人超の背番号大シャッフル!その狙いは・・・

エンタメ・話題 巨人 原語(ハラゴ)

昔、商店街の「巨人軍背番号あてクイズ」でクロマティの「49」を当てて、景品をもらったことがある。当時の私は各球団の主力選手の背番号はほとんど暗記していたものだ。それも、主力選手の背番号は滅多に変わることがなく、選手の代名詞化していたためだ。だが、巨人・原監督は今季、背番号を大シャッフルした。ドラフト以外の新加入選手を含めると、新たな背番号を背負うのは20人を超える。原監督自身は現役の15年間、「8」一筋だったのだが…。

菅野は慣れ親しんだ「19」から堀内恒夫や桑田真澄が背負った「18」へ。上原浩治は長年背負っていた「19」へ。ゲレーロには巨人の国際部を通じたメールで変更を打診したという。FAの人的補償で移籍した長野久義の「7」、内海哲也の「26」は空き番号になった。

狙いは何か。菅野の変更は、菅野を「エースに相応しい番号」にするとともに、上原も以前の背番号に戻せる。ゲレーロについては「活躍しそうな番号」と説明している。岩隈久志、炭谷銀仁朗を獲得するために、それぞれが以前つけていた「21」と「27」を空けたという見方も出来る。

「菅野の背番号変わってもたしこのユニどうしよ」とツイッターに背番号「19」のユニフォームを投稿するファンも。新たな背番号を覚えるのも、グッズを買い替えるのも大変そうだ。

大シャッフル一覧
吉川大幾68→00(旧寺内崇幸)
中島裕之→5(旧ゲレーロ)
丸佳浩 →8(元片岡治大)
山口俊 42→11(旧上原浩治)
菅野智之19→18(元杉内俊哉)
上原浩治 11→19(旧菅野)
岩隈久志 →21(旧吉川光夫)
クック→24(元高橋由伸)
炭谷銀仁朗→27(旧宇佐見真吾)
宇佐見真吾27→32(旧橋本至)
田口麗斗90→28(旧畠世周)
畠世周28→31(元松本哲也)
ビヤヌエバ→33(旧マギー)
桜井俊貴36→35(旧西村健太朗)
石川慎吾49→36(旧桜井)
立岡宗一郎58→39(旧ヤングマン)
メルセデス 95→42(旧山口俊)
ゲレーロ5→44(旧メルセデス)
吉川光夫21→47(旧山口鉄也)
ヤングマン39→49(旧石川)
田中俊太63→51(元堂上剛裕)
増田大輝 98→63(旧田中)

関連記事
【すでに長嶋茂雄名誉監督を凌駕?原監督が止まらない】
【原タワー復活!V奪回に向け視界良好・・・?】
【原監督が20人超の背番号大シャッフル!その狙いは・・・】
【球界のドン健在!読売総帥・ナベツネ氏が優勝を厳命(動画)】

関連記事