“鷹キラー”二木3勝目、ロッテが4連勝

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク1-9ロッテ◆
ロッテが前半に大量点を奪い、守っては二木が1失点の好投で4連勝、貯金1とした。二木はこれで今季3勝目だが、すべてソフトバンク戦の“鷹キラー”だ。

この日は「変化球がちょっと良かった」という二木は、7回を投げ5安打の安定した投球。七回のグラシアルのソロ本塁打による1点に抑えた。二木はソフトバンクからの3勝目について「たまたま」と流し、「もうちょっとイニング行きたかったけど力不足です」と自らの課題を挙げた。それでも、「なんとしても勝って貯金を作ろうと思ってマウンドに上がったので、勝ててよかったです」と笑顔を見せた。

井口監督も「二木も抑えてくれましたし、打つ方も序盤に点を取ってくれた。いい形で勝てた」と満足気。首位ソフトバンクと2・5差に詰めたロッテの追撃ムードが高まっている。