鳥谷敬ロッテ入団へ 現役続行

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ロッテ ストーブリーグ

阪神を退団した鳥谷敬がロッテへ入団する。

井口監督と鳥谷はかつて自主トレを共にしていた他、同じマネジメント事務所「PAMS」に所属している。また、井口監督に極めて近い元球団幹部も鳥谷と関係が深い。

ロッテの遊撃は藤岡裕大がレギュラー候補筆頭だが、平沢大河、井口監督の国学院久我山高の後輩でPAMS所属の松田進らは決め手を欠いており、経験豊富な鳥谷を獲得することとなった。

鳥谷は昨秋以降、ハワイなどで自主トレを行ない、現役続行へ備えていた。

球界OBによると、複数球団が鳥谷の獲得に前向きになっていたが、「鳥谷の代理人がかなりの高額な年俸設定をしたため、交渉がまとまらなかった」という。さらに、鳥谷はこの代理人を切り、同じマネジメント事務所に所属する井口監督のいるロッテに決まりそうだった。だが、「ロッテOBで幹部とツーカーの仲である人間の反対により頓挫してしまった」と明かしていた。

ロッテ井口監督は青学大やホークスの元同僚らでコーチ人事を固めている。オフには同じPAMS所属の美馬学を楽天から獲得。最終的には鳥谷も獲得することになった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事