鳥谷敬「声がかからなければ辞める」

話題・エンタメ 阪神 ストーブリーグ

阪神から自由契約になった鳥谷敬内野手が、スポーツ情報番組の中で自らの去就について語った。

鳥谷は30日のスポーツ情報番組「こやぶるSPORTS大忘年会SP」(カンテレ)に出演、現在の状況を問われ「他の球団から声がかかるのを待ってる状況。声がかかればその球団でやるし、声がかからなければそのまま辞めるという感じですね」と説明した。一部で「交渉難航の理由」と伝えられている条件面については「条件はなくて、普通に勝負させてくれるところがあれば。ポジションはどこじゃないとダメとかも言える立場じゃないので」とし、年俸の額についても「偉そうに言える立場じゃない」と、条件は白紙であることを強調した。

各球団の来季に向けた補強はすでに大詰めの段階。当初、獲得に前向きな姿勢を見せたロッテ、獲得に向けて調査したDeNAもすでに撤退が伝えられている。金銭面の条件を「フリー」に設定していてもここまで声がかかっていないとすれば、38歳の鳥谷を「普通に勝負させる」ことがネックとなっている可能性が高い。

それでも鳥谷は「当然、体が動かなくなればやめる、っていう選択肢はあるんですけど、まだ体が元気なので。元気なうちはやりたいな、という思いはあります」と現役へのこだわりを見せた。果たして今後、鳥谷にオファーは届くのだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事