高3夏に辞退 楽天・今江コーチ、球児にエール「やるせないよな」

NPB(プロ野球) スポーツ 楽天

夏の甲子園の中止が決まり、プロ野球選手らも様々な思いを口にした。楽天・今江コーチはPL学園高3年の夏に部内暴力が発覚し、出場を辞退した。同じように最後の夏を戦えない球児達にインスタグラムでメッセージを送った。

「やるせないよな。
悲しいよな。
悔しいよな。


俺も経験したけど
高校3年生が最後の夏にかける思いは
人生かける思いだよな。


だからこそ、「夏の甲子園」
には野球ファン以外の人にも感動をもたらす。


高校球児のみんな!


これまで、
やってきた事は絶対に無駄にはならない!


この経験はこれからの人生に生きるし、
生かして欲しい!


命がなければ、野球はできない!
命があれば、野球ができる!


頑張ろう!
一緒に乗り越えよう!」

今江コーチは小中高でキャプテンと主将を務めた。PL学園では1年夏から四番打者。同期に元阪神の桜井広大を含めプロ入りする4人がおり、甲子園出場を期待されていただけに、失望は大きかったろう。卒業後に入団したロッテでは日本一に2度輝き、WBC制覇も経験した。

とはいえ、春夏とコロナウイルスで甲子園は中止。球児の悔しさは計り知れない。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事