首位ソフトバンクに3連敗、日本ハムの自力Vが消滅

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク6-3日本ハム◆
日本ハムがソフトバンクに3連敗。6.5ゲーム差となり、日本ハムの自力優勝は消滅した。

力の差を見せつけられた。初回にデスパイネの本塁打などで3失点。

五回に横尾のソロで1-3とし、七回は一死二、三塁の同点機を作った。しかし、大田、近藤が連続三振。

逸機で、流れはソフトバンクへ。八回にデスパイネに3点本塁打を浴び、万事休す。駄目押しの3点に、大田らは顔が引きつっていた。

11安打を放ったが、前日に続いて12残塁と拙攻が続いた。

前週はソフトバンクに1勝2敗、今週は3連敗。対戦成績は6勝13敗1分けとなり、対ソフトバンクの2年ぶり負け越しが決まった。

関連記事