韓国SK身売り コロナで大打撃

ニュース スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)SKワイバーンズが、新世界グループに買収されることが26日、発表された。

新世界グループとSKテレコムがこの日、覚書に署名した。新世界グループのディスカウントストア・イーマートがSKテレコムが保有するワイバーンズの株式100%、施設などを買い取る。買収価格は総額1352億8000万ウォン(約127億円)。新世界は3月中に新たなエンブレム、ユニフォームなどを決め、4月3日の開幕を迎える。

SKワイバーンズはインスタグラムでファンに身売りを報告した。


SKは2000年に創設され、昨季までに韓国シリーズ優勝4回、リーグ優勝3回。ただ、昨季は51勝92敗1分で10球団中の9位に低迷。6月の連敗中にはヨム・ギョンオプ監督が試合中に失神し、チームから長期離脱した。

KBOは昨季、新型コロナウイルス対策のためにシーズンの大半が無観客での開催となり、球団経営の危機が伝えられていた。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事