韓国プロ野球選手が「未成年と交際」で無期出場停止

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)ロッテ・ジャイアンツは26日、チ・ソンジュン捕手(26)を無期限の出場停止処分にすると発表した。チ捕手は25日に「交際相手」とみられる未成年の少女に、ツイッターで二人の関係を暴露されていた。


ロッテ球団はこれを受け、チ捕手の二軍の登録を抹消。本人から事情聴取を行い、KBOに報告。KBOの処分が決まるまで、球団独自の出場停止処分を科した。

球団は「今後も所属選手の問題行動や品位失墜行為に厳しく対応することをファンに約束し、再発防止のため専門家を通じた選手の性意識教育を徹底する」としている。

チ捕手は昨オフにハンファ・イーグルスからトレードでロッテに移籍。今季の一軍出場は3試合で、8打数2安打2打点。

日本では昨季、DeNAの綾部翔投手が妻の妊娠中に未成年を含む18人と不倫したと報じられ、神奈川県警が10月に県青少年保護育成条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで書類送検した。横浜市内のホテルで、SNSで知り合った当時16歳の少女とみだらな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影した疑い。

文/BBNEWS編集部 写真/球団HP、Twitterより

関連記事