韓国プロ野球、3日から有観客試合「定員の3割」

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)が、7月3日から有観客試合を実施する見込みとなった。

韓国中央災害対策安全本部が28日、野球やサッカーなどのプロスポーツでの「制限付き」の有観客試合の開催を認める計画を発表した。今後、文化体育観光部が球場での新型コロナウイルス対策の詳細を決定する。

KBOでは現在、球場の収容人数の「30%」を上限とするよう要望を出し、準備を進めているという。すでに各球団も準備を進めており、週明けに文化体育館後部の決定が出れば、7月3日から有観客試合を実施する方針だ。

KBOは5月5日に無観客で開幕したが、その後韓国で新型コロナウイルス「第二派」が起きたことで、有観客試合の実施が遅れていた。しかし、各球団の財政難が深刻化していることに加え、日本のプロ野球や韓国内の他の分野で制限解除の動きが広がった事を受け、有観客試合の実施を求める声が強まっていた。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事