韓国プロ野球、飲酒・無免許運転に暴行を隠蔽で物議

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)のSKワイバーンズで、二軍選手が無免許運転や暴行事件を起こしたにもかかわらず、隠ぺいしていたことが発覚、物議を醸している。

現地報道によると、五月末に寮生活をしていた二軍の新人選手2人が無断で外出、飲酒運転や無免許運転を行った。それをとがめるために先輩選手2人が胸を突いたり、太ももを蹴るなどの暴行を加えたという。

球団は6月上旬にこの事実を把握し、3週間の寺院での研修を科したが、球団内部で処理し、KBOには報告しなかった。

しかし、選手がSNS上でこの事実を漏らしたのが拡散されたことで、球団は13日になってKBOに報告。慌てて当該選手に罰金1000万ウォン(約90万円)の罰金を科した。

KBOは「品位を傷つける行為」があった場合は10日以内にKBOに報告するよう求めており、球団に対する制裁も検討される事態となった。

SK球団は「自主的な懲戒事項と判断した」などと釈明している。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事