韓国プロ野球、来週から観客入場 日本より先に

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)が、来週にも有観客試合を開催する予定となった。

韓国政府が近くプロ野球やサッカーなどのプロスポーツの観戦についての防疫上の指針を発表する予定となった事を受け、KBOが準備を加速させている。KBO各球団は、政府が今週末に指針を発表した場合には30日の試合から、発表が翌週に延びれば7月3日の試合から有観客試合とする方針だという。

KBOは5月5日に開幕し、当初は5月中にも有観客試合に移行する計画だったが、ソウル市内のゲイクラブなどを中心に発生した新型コロナウイルスのクラスターのために先延ばしとなり、ここまで全日程の約3割を消化。入場料収入を失った各球団は数百億ウォン(1ウォン=約0.09円)規模の損失を出しているとされる。

また、日本が先に有観客試合の実施を決めた事も韓国メディアが大きく取り上げ、KBOと比較して「注視すべき」などと報じていた。KBOが台湾に次いで開幕を果たしたことで「K防疫が世界をリード」と誇っていた手前、有観客試合の開催が日本よりも遅くなる事態は避けたかったようだ。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事