韓国プロ野球、全球場で有観客 KIAも解禁

ニュース スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)KIAタイガースが、4日の試合から有観客試合を実施する。これで、KBOは全球場で有観客試合が行われることになった。

KBOは5月5日に開幕、韓国政府が7月26日から有観客試合を解禁したものの、KIAの本拠地・光州では新型コロナウイルスの感染拡大のために地元政府が独自の制限措置を取っていたため、観客を迎え入れることができなかった。

現在は球場の収容人数の10%までに限定された状態だが、KIAはここまで70試合でチームが挙げた総得点(346点)分のサインボールを先着順で配布するほか、6連戦の全入場者に応援のためのタオルをプレゼント。出遅れた分を巻き返そうと、集客に力を入れている。

KBOの3日時点の順位は以下の通り。

1位 NC 45勝24敗2分
2位 キウム 44勝31敗 4.0
3位 斗山 42勝31敗 5.0
4位 LG 40勝32敗1分 6.5
5位 KIA 38勝32敗 7.5
6位 KT 37勝33敗1分 8.5
7位 ロッテ 35勝35敗 10.5
8位 サムスン 35勝38敗 12.0
9位 SK 24勝49敗1分 23.0
10位 ハンファ 19勝54敗1分 28.0

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事