韓国プロ野球、今度こそ有観客 26日から10%以内で

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)が、26日から有観客試合を実施する見通しとなった。

24日に開かれた新型コロナウイルス感染症対応中央災難安全対策本部会議で、鄭首相が「プロスポーツの観客入場再開案を議論する。無観客でプロ野球の試合が始まり、2か月が過ぎた。オンライン応援に物足りなさを感じている多くの国民が入場再開を期待しているため」などと述べた。

政府内部では、26日から球場の収容可能人数の10%以内の観客を入場させる案が検討されており、この日の会議後に具体化していく見通しだという。

KBOは5月5日に開幕した当初は5月中にも有観客試合に移行する方針だった。だが、ソウル市のゲイクラブを中心としたクラスターの発生で先延ばしとなった。無観客試合のまま、すでにシーズンの半分近い日程を消化しており、各球団の経営が圧迫されている。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事