際立つロッテの走力 大塚コーチ「来季はもっと…」

エンタメ・話題 ロッテ

ロッテ大塚明三塁コーチがさらなる走塁の精度向上を誓った。

NHKの「球辞苑」で、走者二塁でシングルヒットで生還する確率が98%と紹介されたのを称えるファンのツイートを受けて、「来年はもっと積極的に回して、成功率を上げたいですね。うちは球場が狭くなったんで、その分もっと走塁技術あげないと厳しいです」とツイートした。

ホームランラグーンの設置やレアードの加入により、本塁打が増えたことがクローズアップされるが、元盗塁王の井口監督は元来、手堅い野球を志向している。

指揮官は来季、一番荻野貴司、二番福田秀平という並びとなることを宣言している。大塚コーチが呼び水となり、俊足ランナーによるソツのない走塁が増えそうだ。

関連記事