陽岱鋼が“阿部バット”で巻き返し?アドバイスに感謝

NPB(プロ野球) 巨人

巨人の陽岱鋼が台湾で記者会見し、今季のシーズン中、阿部慎之助のアドバイスで助けられた“秘話”を明かした。

シーズン中、練習方法などについて阿部に学ぶことが多かったという陽だが、夏場に不振に陥った際、バットを替えるようにアドバイスを受けた。本来、940グラムのバットを使っていたが、阿部の助言に従って920グラムのバットに変更したところ「20グラム軽くなっただけで大きく変わった。流し打ちもよくなったし、内角球は高低を問わず対応しやすくなった」という。

今季は代打や守備固めなど途中出場が多く、2010年以降では最少の231打席にとどまったが、打率は.274と巨人への移籍後では最高をマークした。「阿部バット」できっかけを掴んだ来季は、さらなる活躍が期待される。

関連記事