巨人・陽岱鋼、いとこのオリックス張奕とは「絶縁状態」?

エンタメ・話題 巨人 オリックス ストーブリーグ

巨人・陽岱鋼は21日、台湾での記者会見で従兄弟のオリックス・張奕との関係を問われ「彼は僕の連絡先を知っているから、連絡が来れば分かる。こちらからわざわざ連絡する必要はないし、彼も連絡してきてない」と、半ば絶縁状態にあることを明かした。

記者会見で2人の関係が問われたのは、週刊誌が不仲を伝えたためだ。

台湾の週刊誌「鏡週刊」などによると、張奕は陽岱鋼の後を追って福岡第一高校に野球留学。張の在学中は陽が度々学校を訪れ、小遣いを与えるなどして面倒を見ている仲の良い従兄弟だった。

だが、2017年、陽が兄の元ソフトバンク陽耀勲と金銭トラブルなどで揉めてSNS上で「今後は関係ない」と絶縁を宣言してから関係が変化する。陽の姉陽詩怡さんや叔母で張奕の母親の曾惠美さんら、親戚一同が揃って陽を非難。張奕の父親の張正昌氏は、陽は結婚後に張奕や親せきに連絡をしなくなった事を明かし、「張奕は陽岱鋼に失望した。彼だけでなく、我々みんな失望している」と語っている。

記者会見では、張家との「不仲」に関する質問も出たが、陽は「家庭内の事なので、記者会見にはふさわしくない」と否定はしなかった。

陽は台湾の国民的英雄、張もプレミア12韓国戦での好投で一躍スターとなっただけに、2人の関係をめぐる報道は今後も過熱しそうだ。

関連記事