阪神CS敗退「ミスで流れ変えた」2失策13残塁に矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神2-4巨人◆
阪神は13残塁の拙攻と拙守で巨人に競り負け2連敗、CSファーストステージでの敗退が決まった。

二回に佐藤輝と中野の適時打で2点を先制。しかし、その直後の三回先頭の吉川の三遊間へのゴロを中野がエラー。これをきっかけに無死満塁のピンチを招き、先発・青柳が松原に同点適時打、丸に逆転2点適時打を浴びた。

その後は六回まで毎回走者を出しながらも工夫のない攻撃で無得点に終わる。八回には先頭坂本の三塁線へのゴロを大山がエラー。致命的な4点目につながった。

試合後、矢野監督は「前半、チャンスも作れたし先制もできたんですけど、結果的にはミスというか、そういうところの流れを変えてしまったかなというのと、あと一本出ないなと感じました」と悔しげに振り返った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事