阪神7連打で5点、打線改造実る

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆阪神‐ヤクルト◆
阪神は二回、二死から7連打で一挙5点を奪い、逆転に成功した。

村上の23号ソロで1点を先制された直後の二回、ヤクルト先発・田口に襲いかかった。二死から梅野が右前打で出塁すると、青柳も左前打で続いて一、二塁とし、近本が同点適時右前打、糸原が適時中前打で逆転に成功。さらにマルテが適時左前打、サンズが適時中前打、佐藤が適時右前打と、単打ばかりの7連打、5連続適時打と久々に打線がつながった。

同点打の近本は「打青柳さんが繋いでチャンスだったので、ランナーをかえすことができてよかった」
逆転打の糸原は「とにかくクリーンナップに繋ぐという気持ちで打ちました。良い形で繋ぐことができてよかった」
マルテは「二死からみんなで繋いでくれたチャンスだったからその流れに乗って打つことができてよかった」
サンズは「あれだけみんなが打ってくれていたし、その流れを止めたくなかった」
佐藤輝は「二死から良い攻撃が続いていたので、なんとか続くことができるように、必死で打ちにいきました」

前カードのDeNA3連戦でわずか4得点に終わり3連敗中の阪神はこの日、不振の大山とサンズの打順を入れ替える打線改造を行ったが、いきなり効果が出た形となった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事